コラム:「自立力」が求められる子供たちの未来


「自立力」が求められる子供たちの未来

20年前に「コンピューターが手のひらサイズになる」と予測され、スマートフォンの普及 で現実になりました。今後20年間で「人工知能が人間の仕事を代行する」と予測されてい ます。米デュ−ク大学のキャッシー・デビッドソン教授が「2011年度にアメリカの小学校 に入学した子供たちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」との 研究発表をして世界中で大きな波紋を呼びました。


デビッドソン教授の予測を受けて元文部科学大臣・教育再生担当大臣(平成26〜27年)の 下村博文衆議院議員(現自民党幹事長代行)は、著書「教育投資が日本を変える」(平成 28年5月PHP研究所発行)の中で次のように日本の教育に危機感を表しています。


「日本 にとってはこの予測は楽観的すぎる、というのが率直な感想である。日本では65%の職業 が失われたとしても、それに代わる新しい職業がアメリカのように生まれるかというと、 私は大いに疑問である。なぜなら、近代工業化社会から情報化社会へと転換したにもかか わらず、日本の教育はそれに対応できていないからである。」


「人工知能によるライフスタイルの変革」は、私たちの価値観に劇的な多様化をもたらし ます。就労環境で例えれば、今ある多くの仕事が無くなり、残った仕事も激変し、全く新 しいジョブスキルが求められるなど既存の価値観では想像できない状況が待ち受けています。

この変革に備えて動き始めたのが教育界です。現行の知識の詰め込みとテストの採点を基 準にした画一的な評価制度から今後は「思考力・判断力・表現力」及び「主体性・多様性 ・協調性」を重視する多面的な評価制度が実施されます。2020年までには「高大接続改革 」のもとに、大学受験が採点方式から多面評価を取り入れた選別方式に移行します。言い 換えれば人間としての総合力が試される新しい評価制度の中で、子供たちは自分で考え、 判断し、実行する「自立力」が求められます。



中等教育では文部科学省が推進するスーパーグローバルハイスクールや国際バカロレアス クールなどの施策が実施され、教室ではアクティブラーニングとプロジェクトベーストラ ーニングが実践されて生徒の「自立力」を高める学習環境作りが拡がっています。将来の不 確実な時代に日本国が成功するには、国民一人ひとりが「自立力」を高める必要があると の考えから、親世代が経験した画一的な学校教育から多様な学び方に変革する過渡期に子 供たちは活きています。


帰国生も家族背景の多様化、海外生活歴の多様化、海外学習歴の多様化、日本語・外国語 ・他学力の多様化などから、帰国時において日本の学校に馴染まないケースが増えていま す。前述で言及した「多面的な評価制度」を導入して帰国生を積極的に受け入れる学校が 増えていますが、多様化する帰国生の中のどの層を受け入れ、どう育てるのか、理念や方針、そして受け入れ戦略が明確でない学校と帰国生との間でミスマッチが起こっています。


今後10年間は学校教育の変革期と踏まえ保護者は、自身の経験、先生や塾講師の意見を 鵜呑みにせず、わが子の資質を見極めて多様な学び方を選択する必要があります。 海外いる子供たちは異文化の中で「自立力」を育む体験を毎日しています。今までは「異端児」として日本の学校に馴染なかった帰国生が「自立した人材」として高く評価される ようになります。


海外では日本人学校、補習校、インターナショナルスクール、ローカル スクール、オンラインスクールなど様々な就学環境がありますが、重要なのはわが子の資 質に合った多様な学びの環境を選ぶと共に「18歳の自立」を目指す子育てを家庭で実践す ることが「成功する子供」への道に繋がります。
INSーnavi編集部
 
 
 

 

▲このページの先頭へ