インターナショナルスクール 北海道インターナショナルスクール >> インターナショナルスクール全国一覧

 

 

北海道インターナショナルスクール

【北海道インターナショナルスクール】

北海道札幌市豊平区平岸5条19丁目1-55
TEL: 011-816-5000 FAX: 011-816-2500
E-mail: his@his.ac.jp
HP: オフィシャルサイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

保/幼・小・中・高

認定

WASC

 

学校案内

北海道インターナショナルスクール

【沿革】
1958年にアメリカンスクールとして設立され、1961年に北海道唯一のインターナショナルスクール'HIS'となり、翌年福住の新キャンパスに移転しました。1995年、平岸の新校舎に移り、現在に至っています。

【認定と提携】
HISは米国のWestern Association of Schools and Colleges (WASC) によって認定された私立校で、日本インターナショナルスクール評議会(Japan Council of International Schools)、東アジア地域在外学校評議会(East Asia Regional Council of Overseas Schools)、在外アメリカンスクール(American Overseas Schools)および日米協会(Japan-America Society)のメンバーです。日本では文部科学省の定める学校法人として登録されています。

【キャンパス】
北海道インターナショナルスクールは札幌市豊平区平岸にあります。札幌の中心部から地下鉄南北線で14分程の澄川駅から徒歩6分という好立地です。
校舎の建設は、日本とアメリカの企業の合弁事業として1994年6月から進められ、1995年8月、4階建てのビルが完成しました。1階には幼稚園(年少児のpreschool と年長児のkindergarten)の教室、他目的ルーム、インターナショナルルーム、キッチン、職員室、事務所が置かれています。2階と3階には13の教室と6000冊の図書を納めるライブラリ、理科実験室とコンピュータ教室、音楽室、美術室があり、最上階にはステージを備える体育館とトレーニングルームがあります。このほか、校舎に隣接して20人の生徒が生活できる広々とした寮もあります。
1980年代中頃からコンピュータが授業の一角を占めるようになりました。HISでは1993年から1996年にかけて45台のマッキントッシュを購入しました。コンピュータ教室では19のステーションと2台のプリンターがイーサーネットとティンブクツプロによって接続されています。
体育館は屋内スポーツや特別なイベントなどを行う様々なグループに利用されています。

【アドミッション】
HISでは、英語の能力にかかわらず、すべてのアメリカ人の子供達を受け入れていますが、英語で授業が行われるため、すべての生徒が英語を理解し話すことができなければなりません。日本人の子供達の場合は、教職員による面接を行い、その子供の英語の能力を診た上で受け入れます。入学資格および編入学年は、校長が該当学年の担任教師との協議して決定します。生徒によっては、一般の授業に出られるようになるまで、ESL(外国語としての英語)の授業を受けなければならない場合もあります。

【理念】
北海道インターナショナルスクールは、北海道におけるインターナショナルコミュニティの、とりわけ、他のインターナショナルスクールと同等レベルの英語による教育を求める人々のニーズに応え、発展してきました。
HISでは、個々の独自性と価値を尊重します。生徒達はそれぞれ自身のプライドを育み、各々の持つ可能性を追求する機会を与えられるべきだと考えます。
現代の世界で能力を発揮してゆくためには、国際協力と理解を推し進めるグローバルな視点から考える力を身につける必要があると考えます。
HISでは、生徒達に日々変化してゆく世界を探索し適応し貢献する能力を身につけさせ、同時に彼等の社会面、情緒面、道徳面での成長を促すためには、職員と父母の方々および関係組織との協力がなによりも大切であると考えます。
学内における変革については、長期的計画に基づいて検討を重ね体系的に行われるべきだと考えます。またすべての事案は、不適切と判断される場合をのぞき、その決定によって利益または不利益を被る可能性のある関係者も含めた協議の上で決定されるべきであると考えます。

【卒業条件】
10〜12年生の間に最低次の20単位を取得しなければなりません。
英語と文学を3単位、社会科を3単位、数学と理科と外国語を各2単位、体育、芸術を各1単位

【お問い合わせ】
校内見学などのアポイントはオフィスへお電話ください。

〒062-0935 北海道札幌市豊平区平岸5条19丁目1-55
TEL: 011-816-5000  FAX: 011-816-2500

 

 

入学案内

【入学願書】
入学願書は北海道インターナショナルスクールのアドミッションコミッティーによって審査されます。
入学資格は、次のような優先順序で考慮されます。

・英語圏からの外国人
・非英語圏からの外国人
・日本人帰国子女
・永住外国人で英語による教育を受ける理由の明確なもの
入学願書の必要な方は、e-mailの場合his@his.ac.jpまで、 お電話では(011)816-5000にご請求ください。

HISへの入学は、各生徒が学習面においても行動面においてもHISの生徒として相応の努力をすることを前提としています。

【英語による教育】
英語をお話しにならない父母の方に
1.HISの通用言語は英語です。英語をお話にならない父母の方には通訳をお連れくださるようお願いしています。ご希望の方には通訳者のリストをさしあげます。
2.生徒達は学校内では、日本語の時間をのぞき、英語を使用することになっています。

【入学条件】
HISに入学する生徒は以下の条件を満たすものとします。

A.すべての生徒は:
1.クラス分けのため、生徒の年令と学年に応じた英語による学力テストを受ける。

B.中等部以上の生徒(7〜12年生)は:
1.HISに入りたい理由を詳しく書いて提出する。
2.アドミッションコミッティーのメンバーの面接を受ける。

C.寮に入る生徒とその父母の方は:
1.アドミッションコミッティーのメンバーの面接を受ける。
2.入寮条件を読み、これに同意する。

D.父母の方は:
1.入学願書に必要事項をすべて記入する。
2.HISにお子さんを入学させる目的を書面で提出する。
3.前の学校の成績証明書を提出する。
4.HIS所定の健康調査書を記入して提出する。
5.年令を証明できるパスポート、出生証明その他の正規の証明書のいずれかを提示する。
6.学費および諸費用の支払いを手配する。

【学費の支払い】
北海道インターナショナルスクールの学費は、1999年8月より、一括または分割(2回、4回、12回)のいずれかの方法でお支払いいただくこととなりました。ただし、どのお支払い方法においても、必ず年度のスタート前にご請求額を振込んでいただく必要があります。お支払い方法については、事務までご希望の回数をお知らせください。月払いの場合、1.5%の事務手数料がかかります。
お支払いに遅延があると、全額をお支払いいただくまで、その生徒の成績や内申などの証明書は発行できなくなりますので、必ずスケジュールどおりお支払いください。

【学資援助】
HISでは学費の支払いが困難なご家庭のための学費減免制度を設けています。この制度は北海道内にHIS以外の選択肢がない生徒を最優先に考慮するもので、通常、対象となるのは父母の方の勤務先その他からの教育費の補助がない生徒に限られます。
この制度は減免額の総額が各年度の予算の10%を超えない範囲で運用することになっています。

 

 

地図

▲このページの先頭へ