ココス英語幼児園 >> プリスクール&キンダーガーデン全国一覧

 

 

ココス英語幼児園

【ココス英語幼児園】

埼玉県川越市鯨井1649
TEL: 049-233-3355
E-mail: メールフォームはこちら
HP: オフィシャルサイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

保/幼

 

ご挨拶

ココス英語幼児園

「三つ子の魂百まで」と言われ、幼児期をいかにすごすかは子供の将来に、社会に、ひいては世界の平和の大きなかぎをにぎっています。ココス英語幼児園では「幼児教育」といってことさら身構えることはしませんが、子供たちのためにのびのびとした環境作りを目標にしています。

言葉や音の発達が最も著しいのが幼児期です。そこで当園では、国際共通語としての英語を 園生活の中に自然に取り入れています。また、語感、音感の相乗効果を高めるために、正課にバイオリンと空手のレッスンを取り入れているのも当園の大きな特色の一つです。 少人数制の特質を生かし、「個性尊重」「想像力養成」を保育の基本姿勢にし、心豊かな、やさしい子供に育ってほしい……これが当園の願いになっています。

ココス英語幼児園
園長 中林こたか

 

 

学校案内

ココス英語幼児園

【バイリンガル保育】
社会性を少しずつ身につけている幼児期に、集団社会のルールは日本語で説明されてもすぐに理解し、身につくものではありません。
日本語で根気よく、わかるまで時間をかけて身につける必要があります。Native Teacherが英語のみで簡単に出来るものではありません。ココスでは経験豊富なバイリンガル日本人保育スタッフが日本人として必要な「マナー」「習慣」面も併せて育んでいきます。

【知育】
週1回特別講師による空手やバイオリンのレッスンがあります。ジュニアクラスで「ピアニカ」、シニアクラスで「バイオリン」を必須としその他、「歌」「聴音」「リズム」などのレッスンを通して「音感・感受性」を養い、「情操面」での発達も促します。

【徳育】
毎月、清掃活動や老人施設訪問など地域奉仕活動を実施し、ボランティア活動を通してマナーや優しい心を育みます。

【体育】
毎日園庭でのびのび外遊び。夏期にはプール遊びや裸足保育で体もしっかり鍛えます。体を鍛えると共に子供だちの心も強くしたいと思っています。頭でっかちにならず、心も成長させ、将来元気で明朗な大人になるよう育みます。

【食育】
クラス農園作りや、プチ農業体験を通して、植物の成長とともに「食べ物の大切さ」も学びます。ランチメニューでも旬の野菜や魚などの食材を使い、塩分を控えて素材の味を大切にしています。栄養バランスはもちろんですが「楽しく望ましい食習慣」がつくことも大きな目標です。両親、先生、食べ物を作ってくれた人など、全ての人に感謝の気持ちを持つように「食べる」ということを通して学んでいきます。

【MIX age保育でさらなる成長を】
毎日「Mix age 保育」の時間も設け、年上のお友達との交流や年下のお友達に優しく接する事を学び、リーダーシップや社会性を身につけます。

【募集要項・入学金】
ホームページにてご確認下さい。
募集要項はこちら

 

 

地図

▲このページの先頭へ