ホライゾンジャパンインターナショナルスクール >> プリスクール&キンダーガーデン全国一覧

 

 

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール

【ホライゾンジャパンインターナショナルスクール】

神奈川県横浜市鶴見区東寺尾1-38-27
TEL: 045-584-1945 FAX: 045-584-1946
E-mail: hjis@horizon.ac.jp
HP: サイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

保/幼・小・中・高

 

【最新イベント情報


 

 

父母・保護者の皆様

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール(HJIS)は、皆様を心から歓迎いたします。美しい港町、横浜市には学校法人として認可されているインター ナショナルスクールが3校ありますが、本校はその中の1校であり、幼稚部から中学部まで、ケンブリッジインターナショナルカリキュラムを教育の柱とし、英語による質の高い、国際的な教育を提供しています。

HJISは2003年に設立され、すでに20カ国をこえる生徒が在籍し、国際的で、文化豊かな学校となっています。本校は、世界の各国にある学校と協力 し、教育の質を常に高めようと努力しています。また、子供たちが進展し続ける将来の世界で逞しく生きぬけるように、国際感覚が身に付く教育を行っていま す。

本校の願いは、子供たちが学習に意欲的に取り組み、新しいことを積極的に吸収し、常に学び続ける人間を育てることです。そのために、個性や潜在的能力を引 き出し、その能力を効果的に高めるべく最善を尽くしています。また、子供たちの興味や関心、個性や特性を尊重し、高度で調和の取れた学力を育てるカリキュ ラムを取り入れています。

本校が設立されて以来、目覚しく発展して来ました。その要因は、学校と保護者が暖かい関係にあることです。子供たち、先生、保護者が同じ目標のもとに協力 し合って、精力的に活動できる活気に満ちた学校です。子供たちは、先生や保護者の暖かい支援のもとで、のびのびと個性と社会性を伸ばし続けています。

世界から専門的知識が豊富で、熱意溢れる教職員を迎え入れ、質の高い教育ができることを非常に嬉しく思っています。先生方が持っている国際性や専門的な知 識に触れ、多様な文化の香りを体験することは、子供たちが将来の世界に生きていく上で貴重な財産となるでしょう。

このホームページには本校の教育の概要が書かれています。皆様の望んでおられる教育に相応しいことを願っていますが、本校の教育について更にご理解いただきますよう、皆様のご来校を心からお待ちしております。

HJISでお会いできることを心から楽しみにしております。

 

 

学校案内

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール

【目標】
HJISの願いは、将来の国際社会に生きる子供たちに必要な、質の高い国際的な教育を与えることです。それは、子供たちが生涯にわたって学問や社会性、個 性を伸長させようとし、広く世界で活躍でき、何事においても成功しようとする情熱を持つことです。この中で、子供たちは個人としての自律性や鋭い感性、高 いモチベーションを培い、人間として卓越した人格を備えます。私たちは、そのために安全で、子供たちが自由に自分の関心や意欲に従って挑戦できる環境、そ して人種や国籍などにとらわれない広く、平等性に満ち、細心に配慮された環境を創るように努めています。

【教育理念】
● 子供たちの学問的、美的、社会的、身体的など、あらゆる側面の成長を促します。そのために、調和の取れた教科カリキュラムと課外授業カリキュラムを組み合わせ、その教育に最適な環境を提供するように努めます。
● 深く考え、お互いに意見を交換し合える、自由で思いやりと尊敬に満ちた環境を提供し、それぞれの子供の長所や短所、そして興味、関心を認め、大切にします。
● それぞれの子供に潜在する素晴しい能力を引き出し、支え、最大限に発揮できるように励まします。
● 子供たちの個性的で共感的な資質を高め、美的で繊細な芸術に対する感性を育てます。
● 身体的、精神的に健康で豊かな人生をおくれる基礎を培います。
● 情熱を持って学びに取り組み、事実に問いかけ、広く知識を求め、批評精神に満ちた、生涯にわたって学習し続ける人間を育てます。
● 子供たちが国際環境、自然環境及び教育環境に責任感を持つように育てます。
● 子供たちが自主性に富み、自立性溢れる個人として成長するように促します。
● 資質が高く経験が豊富で、親しみやすい国際色豊かなスタッフの専門的な能力を支え、その発展を期待し、実践力を高め続けます。
● 我が校は、グローバル社会と同じ様に、様々な文化や信念によって構成されています。それに対する尊敬や敬愛の心と国際的な視野を持てるように育てま す。そのためには、多様であることこそが自然且つ必要であり、それが知識や発想、強靭な精神の源であることの認識を深めます。
● 相互理解と異文化を尊敬し、世界の平和に貢献しようとするグローバル市民、
或はリーダーとして活躍できるように、多様な言語を含めた国際的な教育を提供します。
● 子供たちや保護者そしてスタッフの間での開かれたコミュニケーションと、敬愛、協力、思いやりに満ちた連帯感を培います。
● 日本固有の文化や習慣、言語などを取り入れ、学校の持つ豊かさや可能性を広げます。

 

 

入学案内

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール

本校にご興味を頂き、有り難うございました。

入学を希望される保護者の皆様には、申込みの際に以下の手順と必要書類の提出をお願い致しております。すべての応募者の学業成績表は入学事務局により確認 し、入学年を決定する過程でとても重要となります。したがって、最終在籍校からの成績証明書が必要となります。証明書が英語以外の言語である場合は、英訳 されたものを提出願います。成績証明書の提出ができない場合は、最終在籍校からの在学証明書が必要となります。

入学時に英語力が十分でない生徒に関してはESL特別クラスへの参加が可能です。ESLテストは、入学試験の際に実施致します。

HJISの方針として、少なくとも1人の保護者が国内に滞在しているものとします。

入学選考に関する質問、ご不明な点等がございましたら下記事務局までご連絡下さい。近い将来、HJISで会えることを楽しみにしています。

【募集要項・入学金】
ホームページにてご確認下さい。

募集要項はこちら

 

 

プログラム

ホライゾンジャパンインターナショナルスクール

【幼稚部】
遊びを大切にした学びは、幼児教育の基本的な考え方です。本校では、特にEarly Learning Center(ELC) として、幼い子どもたちの学びの場を設定しました。
私たちは遊びが幼い子どもたちの成長にとって極めて大切な、欠くべからざる要素であると考えています。この子どもたちの段階で、言語、社会、概念、などの 重要な知識の獲得、そして身の回りのことから自立的に学ぶ能力を育てます。また、自分を取り巻く環境を探検し、問題解決を学び、グループで活動することを 経験します。
子どもは、それぞれの個性的な学び方を持っており、子どもに必要な内容を注意深く配置したカリキュラムと、興味と必要性に応じる遊びを用意しています。一日の活動は、子どもが選択できる能力を養えるように慎重に配慮しています。

◆ カリキュラム

UK(United Kingdom)幼児教育計画は、次のような六つの教育内容分野で構成しています。すべての分野にわたって、子どもの「遊び活動」との調和を図り、計画的で目的的なカリキュラムとなっています。

個性、社会性、情操性の成長
他人や自分に関る自立感覚、他人を尊重する社会性を積極的に学ぶことを支援し、経験させます。また子どもたちが達成できること、自分自身を学ぶこと、情緒的にバランスが取れていることを大切にします。

コミュニケーション、言語、読み書き
学び方やコミュニケーション、話す聞く、読む書くの初歩的な能力をあらゆる場で培っていきます。さまざまな機会を生かし、目的達成の過程を通して、自信を持てるように励まし成長を促します。

問題解決、考える力、数
問題解決能力、考える力や数操作能力を培い、数への理解をいっそう深めるべく、話し、学び、楽しみ、探求し続けさせます。練習する多くの機会をつくり、自信と能力を培うように支援します。

世界に関する理解と知識
生物、植物、人間、自然における本物の世界との出会うために、器具操作を通じて安全に実験を行い、世界に関する本物の知識を広め、技能を伸ばし、理解を深めます。

体育
子どもたちで楽しく活動し、技巧性、柔軟性、協応性などの調整力を伸ばし、身体の健康や運動能力を高めます。ELCでは、子どもたちが全身を使って活動で きる学びを支援し、新しい内容をすでに学んだ事柄に関連できるように仕向けます。また健康維持、促進する「食育」を大切します。 

創造活動
興味・関心を高め、創造性を伸ばすため、ともに探検をしたり、考えたり、共感し合えるような「遊び活動」の機会ー図画工作、音楽、ダンス、運動、算数、ロールプレイ、デザイン、パソコンなどの活動ーを用意しています。

【小学部】
言語、算数、科学などの主要教科の教育のために、国際的に認知されている(CIPP)ケンブリッジインターナショナル小学校カリキュラムを採用しました。CIPPは数種類の要素となるフレームワークで構成されており、発達段階ごとの教育の目標を提示しています。

◆ 高等学校教育の基礎
CIPPは生徒の長所や短所を検証し、教育の目的、方法を明確にし、成長を促す学びを支援することをとおして、高等学校教育の基礎を確立します。

◆ 客観的評価基準
CIPPは教師自身の教育を自覚させ、子どもから目をそらさず、成長を測定する客観的な評価基準で常にチェックし、保護者に分かりやすい報告ができるようになっています。

◆ 国際的なカリキュラム
CIPPは、国際社会の文化を適切・敏感に反映しています。教育・評価するためのあらゆる資源を活用し、子どもが学び、教師が教えるのに最も適した教材・ 教具を提供しています。教育プログラムの作成は、教師が自作する教材や地域教材、国の教材、国際的に認知されている教材の使用も推奨しています。

CIPPは教育方法、カリキュラムの点で多様性に富んでいるので、非常に高度なレベルの教育を可能にします。さらに、先生方の教育的要請に応じて自由に教育計画を立てられるように配慮されています。

【中学部】
CILSPは中学生段階での豊かな成長を促す、教育的なフレームを構成しています。それは小学校段階を基礎として、数学や英語そして科学の知識やスキルを発達させます。
また、教える、学ぶ、評価するための教育材を活用して、中等教育を通して生徒の成長を導きます。
中等教育終了時には、ケンブリッジプログラムの設定するテストにより、長所と短所について細かく把握され、高等学校教育に進むための補修を施されます。

◆ 国際的評価基準
CILSPは生徒の達成度を客観的、国際的な視点から評価する基準を提供します。
すなわち、学校が必要とする時点、あるいは教育的に適切なタイミングで、基準に基づいて評価し、きめ細かなレポートの作成を可能にしています。
ケンブリッジの使用するチェックポイントテストはCIEによって標準化され、体系化されています。先生が、子どもの成長の様子や方向に応じて、適切に、指導、助言できます。

◆ 生徒の進歩を見つめる
優れた分析を可能にする学力測定で、各学習段階ごとに英語、算数、科学における長所や短所をきめ細かくフィードバックできるようになっています。このフィードバックは教育を促進し、学びをサポートし、子どもの成長を記録するのに活用されます。

CIPPは教育方法、カリキュラムの点で多様性に富んでいるので、非常に高度なレベルの教育を可能にします。さらに、先生方の教育的要請に応じて自由に教育計画を立てられるように配慮されています。

◆ ステージの相互連携
CILSPとCIPPとは密接な関係をもっています。子どもが小学校から中学校に進級するに当たっては、標準化されたテストで測定し、きめ細かに見つめ、 評価した上で進級の可否を決定します。またIGCSE(国際高校資格)あるいは「Oレベル」(一般)に進めるように、周到に準備をしています。

 

 
地図

▲このページの先頭へ