キンカーンインターナショナルスクール >> プリスクール&キンダーガーデン全国一覧

 

 

キンカーンインターナショナルスクール

【キンカーンインターナショナルスクール】

神奈川県川崎市川崎区新川通10-14
TEL: 044-233-3970
E-mail: info@kincarn.com
HP: オフィシャルサイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

保/幼

 

学校案内

キンカーンインターナショナルスクール

Kincarn International は、3歳〜6歳までの幼児を幼稚園の時間帯及び、保育園の時間帯で預けられるインターナショナル幼児園として、1998年にオープンいたしました。国籍を問わず、どこの国の子供たちも受け入れ、日/英 2ヶ国語での園生活という環境と充実したカリキュラムを繰り広げております。

【日本国籍の方へメッセージ】
日本ならではのカリキュラム内容の高い幼児教育とインターナショナルならではの幅広い厚みのある人間教育、その両方をとり入れ和と洋を融合させた新しい幼児園として私達はここに存在しています。正しい日本語と使える英語を身につけ世界に目を向けられるやさしさとパワーをもった子供達へと育てて参りましょう。

【ポリシー】
毎日英語の中ですごす幼稚園だからこそ日本語の教育にも力を入れています。世界の文化や人種に触れることが多いからこそ日本の文化に触れる機会も多く持っています。私共は英会話教室ではありません。インターナショナルの幼稚園です。子供達の社会性・自立・就学教育を大切に致します。

【設立】
KIN CARN INTERNATIONAL SCHOOL は1998年10月に日本国内に在住する全ての国籍の子  
供達のための社会的教育、知的教育及び安全な保育環境を提供する機関として設立しました。

【指針】
(I )安全と健康の保持  (II )社会性のスキルの取得  (III )社会的自立  (IV)知育教育

【総合的な目標】
地球の平和と人類の幸せを守る為に活躍する人への育成
・わが園は真の国際人育成を目的として作られた幼児園です。 語学を身につけるだけでなく、世界の文化や音楽にふれ、感性を広げ様々な国や人種に対する理解を深め、次世代の子供達を育みます。
・その子供の母国語や母国文化を大切にしながら広い世界への視野を広げ、いかなる人種や文化に対しても平等に扱える子供へ育成していくことを目指します。

生活目標
・ その子供の年齢や発達に応じた社会性のスキルの確立
・ 協力すること、分かち合うこと、思いやること、人間としての大きな心への育成
・ 自主性、自立性を促し、自分で考え動き社会的自立へと導く

学習目標
・ 記憶・言語・数量・常識・構成・推理・順序・空間認識・話の理解などを年齢及び発達に応じた観点から
効果的に学習し、教材を用いよりよく身につけていく。
・ 語学 年少 -  園生活に必要な聞き取る力の確立
      年中 - 自己表現の基礎定着
      年長 - 四技能(読む、聞く、話す、書く)年齢に応じた基本的スキルの取得

【日英2ヶ国語の園生活】
園での共通語は英語と日本語です。現在9ヶ国の先生と一緒に楽しく過ごしています。 子供たちには身につけた英語を常に使える環境があります。二ヶ国語での歌も学びます。

しかも日本の行事はもちろんのこと、いろいろな国の行事もその出身国の先生たちから直接学べます。そして、集団生活を通して社会の規則を学び成長していくお手伝いをしながら教育の環境を提供し、真の国際人としての基礎作りをするのが私共の園の役割です。

日本人の子供たちにおいては、自国文化と正しい日本語を身につけたうえで意思伝達の道具としての英語を身につけ海外の文化や人種を理解し真の国際人となる基礎を育てることを目的としています。

外国人の子供たちにおいては世界の共通語である英語で生活ができ、また現在住んでいる日本という国の文化に触れる機会を得られて、しかも日本語が理解できるようにすることを目的としています。

【安全対策】
川崎警察の協力による交通安全教室や災害時の避難訓練を定期的に実施しております。また防犯対策についても園内で話し合いをもち、警察署の協力のもと子供達が安全にすごせるよう日頃から心がけております。また、防犯カメラでの保全も実施しております。

【入園案内】
園見学:随時
入園案内配布:8月上旬
願書受付: 8月下旬
入園手続き:毎年9月
入園:4月

【クラス】
年少クラス 3・4歳児
年中クラス 4・5歳児
年長クラス 5・6歳児 
学童クラス 小1・2 (小学校下校後より )

【募集要項・入学金】
ホームページにてご確認下さい。
募集要項はこちら

 

 

カリキュラム

キンカーンインターナショナルスクール

小さなときから2ヶ国語を教えて害はないのか、母国語がおかしくなるのではとのご心配があるのではないでしょうか。 海外の国においては生活の環境により3〜4ヶ国語が話せる人がたくさんいます。人間には環境さえあれば6歳までに6ヶ国語位身に付けてしまう能力があります。

人間の大脳の言語をつかさどる分野の発達は、6歳から8歳くらいまでに約90%が作られてしまうと言われています(大脳の言語野の臨界期のことです)。この時期にどれくらいの言語の音を聞いて育ったかで、聞き取る能力が決まってしまいます。この時期を過ぎると多言語を学ぶためには努力が必要となり、6歳及び8歳までだと努力することがなく何ヶ国語も聞き取れるようになるのです。

もし小さなうちに多言語を学ぶことに害があるとしたら、たとえばそれは母国語50%外国語50%で合計100%となってしまったからでしょう。したがって、外国語を学ぶときは母国語を意識してたくさん学ばせ母国語100%外国語プラスαの大きな容量をもった脳にしてあげればよいのです。そして限りなく200%に近づけていくだけです。

【在園時間中に受けられるおけいこ】
・キッズエアロビクス教室
・リトミック、音楽教室
・小学校就学前知育教室
※すべて毎日のプログラムに含まれたカリキュラムなので、別途料金は必要ありません。

【プログラム】
1.小学就学前知育トレーニングプログラム
母国語の確得を第一に大切と考え、幹となる言語を確得する学習と、知能を高めていく学習。

2.9カ国の先生達の主催によるTeacher's countryday
母国の文化を知りまた海外多国の文化に触れ将来世界を広く理解することへ結びつける活動。

3.聞く、話す、読む、書く、の四技能の基本的な確立のためのプログラム
日常生活の中からと授業の中の相方から身につける英語。

4.リトミックプログラム
多種多様なリズムに触れたり楽器を学びそして音楽によって自らを表現していく。

5.ダンス&キッズエアロビクスプログラム
自由な遊びの中から得る体力とバランスのよい運動から得る身体機能。

6.Show&tell(ショー&テル)プログラム
言語による自己表現やプレゼンテーション能力のための基礎トレーニング。

7.セマンティックアプローチ
一つのテーマを多方面から研究、観察し自ら学びとっていく。

8.その他、盛りだくさん、プログラム
研究され洗練された多種多様のオリジナルのプログラムにより子供たちは生活の中から多くのことを学び感じ取りそれらを自らのパワーに変えていきます。

【ケンブリッジ検定】
イギリス大使館が協賛するケンブリッジ英検は世界標準英検として世界中で認められ海外で通用する英検です。当園の卒園児はこれを受験します。また当園はこの英検の試験会場として正式に協会より認定されております。

 

 

卒業後の進路

キンカーンインターナショナルスクール

【卒園生の主な進学先】
私立小学校
* 暁星国際学園小学校
* カリタス小学校
* 成城学園小学校
* 加藤学園小学校
* 目黒星美学園小学校
* 東京女学館小学校
* 湘南学園小学校
* 清明学園初等学校

INTERNATIONAL SCHOOL
* 青葉インターナショナルスクール
* サンタマリアインターナショナルスクール
* ホライゾンジャパンインターナショナルスクール
* ヨコハマインターナショナルスクール
* カナディアンインターナショナルスクール
* グローバルインディアンインターナショナルスクール

【提携小学校】
・暁星国際小学校(千葉県木更津市)
・コロンビアインターナショナルスクール(埼玉県所沢市)
・カナディアンインターナショナルスクール(東京都品川区北品川)
・ホライゾンジャパンインターナショナルスクール
 横浜校(神奈川県横浜市東寺尾)渋谷校(東京都渋谷区神宮前)

当園卒園後の進路のひとつとして暁星国際小学校やコロンビアインターナショナルスクール, 及びカナディアンインターナショナルスクールへの推薦枠も有しており、沢山の園児を送り出しております。

特に、暁星国際小学校は九段の暁星の姉妹校からスタートした国際学園で千葉の木更津にあり、小学校、中学校、高校まで(いずれも共学)の一貫教育を通し、日本語、英語、仏語の三ヶ国語の徹底教育で世界にはばたく子供達を育てております。現在は東京湾横断道路(アクアライン)を通り東京、川崎、横浜からもたくさんの生徒が通っております。また、2003年4月より川崎駅からダイレクトで暁星国際小学校へのスクールバスが運行しております。 当園で詳しい資料、入学案内を致しております。

【進路相談】
私立小学校、国立小学校及びInterの小学校の情報提供や受験対策、公立等の各御案内、また進路相談も行っておりますので、お気軽に御連絡ください。

 

 

地図

▲このページの先頭へ