関西インターナショナルスクール >> プリスクール&キンダーガーデン全国一覧

 

 

関西インターナショナルスクール

【関西インターナショナルスクール】

東大阪校:大阪府東大阪市長田1-5-10
TEL: 06-6784-0014 FAX: 06-6784-0025

芦屋校:兵庫県神戸市東灘区深江南町1-16-20
TEL: 078-413-2210 FAX: 078-413-2273

E-mail: メールフォームはこちら
HP: オフィシャルサイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

保/幼・小

 

ご挨拶

東大阪に620坪、芦屋に630坪の緑豊かなキャンパスを持つ、それが関西インターナショナルスクールです。

私たちは、徹底した少人数制のもと、子供たちに質の高い教育環境を提供することで、ますます大きくなっていく国際社会において積極的に活動でき、グローバルに活躍できる子どもになってほしいと望んでおります。

そんな中で英語を理解し、母国語のように操れるようになることは必要不可欠かつ最低限の条件であり、これをなくして私たちの考える国際的教育はあり得ないと考えています。

しかし、決して英語が話せるようになることだけが目的ではなく、それ以上の幅広い教養と、知識、そして何よりもバランスのとれた人間形成が必要なのは言うまでもありません。

限られた時間の中で、いかに有意義に楽しく日々を送ることが出来るのか・・・ 工夫の凝らされたエキサイティングなプログラムは子供たちにとっても興味深いものであるに違いありません。

常に先を見続け、私たちのカリキュラム内容が国際的な標準に合致しているかを絶えず意識し、“良いと思ったことをすぐに始められる柔軟さ”を持ち続けたスクールでありたいと考えています。

関西インターナショナルスクール

関西インターナショナルスクール
学園長 中村 久美子

 

 

学校案内

関西インターナショナルスクール

子供達の能力や可能性を総合的に伸ばしたい

  子供はみんな特別な存在です。できない子などこの世に存在しません。ただ環境を選んであげることはとても大切なことです。環境が知性や能力を引揚げていきます。

勉強は学生時代で終わりますが学習は一生続きます。教師の役割は知らないことを知る喜びを教えることだと思います。学習は本来テストでよい点数を取るためだけにするものではありません。学生時代は一生のうちのほんの短い間です。実は卒業してからの人生をいかに豊かに過ごすかということが重要です。

もちろん当校の生徒たちは高い日本語力と英語力を持っていますが、良い大学に入る為、良い会社に就職する為に学習をしているわけではありません。

【教育理念】
少人数制
徹底した少人数制でレッスンを行います。基本的に全クラス、外国人講師とバイリンガルの日本人保育士の2名が1クラスを担当し、一日中英語の環境の中で自然に英語を身につけるようにカリキュラムが組まれています。

バイリンガル教育
現在、日本の語学教育レベルは、アジア圏においてワースト1ではないでしょうか。英語とは、コミュニケーションのひとつの道具ですから、どんなに英文法の問題を解くことができ、日本で英語といわれる教科の成績が良くても、実際の会話の中で通じないのでは、何の意味もありません。サクラインターナショナルスクールでは、母国語である日本語はもちろん、第二言語となる英語のどちらでも、相手によってきちんと使い分け、会話によってちゃんとコミュニケーションをとることができる本物のバイリンガルを目指します。

オリジナルのカリキュラム
ESL(English as a second language)は、母国語方式のオリジナルカリキュラムを使用しています。日本に住んでいる以上、学校以外のほとんどの時間が日本語環境になるため、最小の時間で最高の効果がでるようにカリキュラムが組まれています。

語学だけではありません
これからの時代、英語が話せるというだけでなく、英語を使って何をするのかが大切です。当学園では、語学だけでなく、国語(日本語)、算数、音楽(ソルフェージュ・バイオリン・ピアノなど)、体操、工作等、幅広い知識と教養が身につくようカリキュラムが組まれています。(一部、選択授業となります。)

講師陣は一流です
英語圏の外国人だからという経歴だけでは採用はしません。特に幼児に与える先生の影響は計り知れないものがあります。また、英語が話せるからといって、各教科を教えることはできません。当学園では確かな経験と教員免許を持った先生だけを採用しています。

【設定クラス】
能力開発クラス(6ヶ月〜2才) 毎週 水・金 9:10〜9:50
毎週 水・金 9:10〜9:50お母様とお子様が一緒に楽しく英語に親しんで頂くクラスです。
授業の随所に右脳を鍛える能力開発プログラムが組み込まれ、
1万6000枚のフラッシュカードが活用されています。

Teddy Bear クラス(1才〜2才半) Mermaid クラス(2才半〜3才)
日本の幼児能力開発に多大な影響を及ぼしている右脳開発プログラム。
全ての子どもの知性面、身体面、社会面の能力を最大限に発揮させ、優秀なレベルまで引き上げることを目標に、授業では1万6000枚のフラッシュカードが活用されています。

幼稚園部 (年少・年中・年長)
サクラインターナショナルスクール幼稚園部では、カリフォルニア スタンダード、アリゾナスタンダードという教育プログラムを中心として算数、科学、社会、芸術、健康などの分野についての学習を進めると同時に、第二言語である英語をスピーキング、リスニング、ライティング、リーディング全ての面において三年間でバランスよく習得することができるプログラムが組まれております。
カリフォルニア スタンダードとは、カリフォルニア州でつくられた、幼稚園クラスから12歳までの子供のための教育プログラムです。
カリフォルニア スタンダード、アリゾナスタンダードは、アリゾナ州、コロラド州、及びワシントン州等の規範や、他国で使用されている教育プログラム(Baccalaureate Program, NAEPなど)を取り入れて完成したもので、今では、アメリカ国内のみではなく、世界各国のインターナショナルスクールが、これを基準にして教育を行っています。

サタデースクール・アフタースクール (Saturday & After School)
英語は勉強ではなく、コミュニケーションのための一つの方法です。そんな人と人が気持ちを伝え合うための言葉としての英語をお子様がまだ小さいうちから、体験させてあげてはいかがでしょうか?
サクラインターナショナルスクールでは、下記のとおりサタデースクール及びアフタースクールを開校しております!無料体験レッスンも受講していただけますので、まずはお電話にてご予約の上、是非一度ご来校下さいませ。また、ご質問などございましたらお気軽にお尋ねください。

 

 

設定クラス

関西インターナショナルスクール

【関西インターナショナルスクール 東大阪校】

ELC(テディベアクラス)
テディベアクラスの子ども達は、歌や踊り、クラフト製作やBOIカードとのびのびとした外遊びなどを通して様々な活動を経験しています。KISではそれぞれの子ども達が、ひとりひとり違うということを深く認識し、その個性を大切にしながら学習する楽しみを育んでいます。

幼稚園部 K1
K1Little Lambクラスでは、テーマ学習(プログラムオブインクワイアリー)に沿って、様々な概念を学び、知識の吸収、社交性や運動能力などの成長を促します。また、芸術、言語学習、算数、理科、社会などの要素をとりいれ、バランスの取れた教科を関連付けて学習しています。言語学習はクラス指導の主となるカリキュラムでもあり、子ども達はテーマ学習や読み聞かせなどの時間を通して、読み書き能力も習得しています
Little Lambsクラスの一日は、言語学習レッスンとそれに関連したテーマ学習(POI)レッスンをグループや個々に行い、楽しい体操や音楽の時間や、その他子ども達の興味にあった様々な活動をしながら過ごします。思いやることを大切にし、関西インターナショナルスクールで楽しみながら、共に成長していける毎日をとても楽しんでいます!

幼稚園部 K2
K2クラスでは"SOUND IT OUT"を使ってたくさんの単語や本が子ども達自身で読めるようになってきています。子ども達も”自分で読める”という事を楽しみながら自信がついてきています。算数ではいろいろなゲームなどを使って”足し算”もやっています。K-2クラスは毎日新しい事を発見する事が大好きです!

幼稚園部 K3

K3クラスの一日はサークルタイムから始まります。カレンダーをみながら、今日について話します。また、歌を歌ったり、お話を聞いたりする他、お友達が昨日や週末をどのように過ごしていたのかをききます。
その後、センター活動タイムに入ります。3つから4つの活動の中で、それぞれが少人数グループに分かれ、書いたり、コンピューターに取り組んだり、黙読をしたり、算数の課題に取り組んだりします。
プログラムオブインクワイアリー(テーマ学習)では、IBOテーマに沿って、新しいことを学ぶ際、お友達と意見を交換したりもします。それぞれのレベルにあった活動に取り組んだ後、どのようなことを学んだか、クラスで話し合います。
K3クラスでは毎日たくさんの楽しい活動があり、たくさんの新しいことを学ぶとともに、読み聞かせの時間で一日を終えます。

小学部 G3-G4
G3-4クラスへようこそ!クラスでは、毎日たくさんの楽しい経験を通して、読み書き、話すことや聞くこと、算数、テーマ学習(プログラムオブインクワイアリー)芸術、音楽などを学んでいます。言語学習の時間、テーマ学習と芸術はともに関連しあっている教科であり、例えば様々な詩についてや岩石についてなどのとても興味深いテーマを感覚でとらえながら取り組んでいます。

【関西インターナショナルスクール 芦屋校】

ELC(テディベアクラス/マーメイドクラス)
テディベア・マーメイドクラスは1歳から3歳までの子ども達のはじめての集団生活への一歩を踏み出すクラスです。発達段階の異なる子ども達だからこそ、一人ひとりの子ども達のニーズに合ったサポートや保育の中、子どもたちがたくさんのことを吸収していく環境を整えています。子ども達は英語、日本語の言葉だけではなく、日常生活で必要なスキルをさまざまなアクティビティを通して習得します。
カリキュラムは多面にわたり、ゲーム、歌、毎日のかかわり、クラフト製作やあそびを通してさまざまな知識やスキルを自然に身につけていくよう組まれています。言語の習得も日常会話だけではなく、英語、日本語、ベビーサイン、さんすう、読みの基礎と右脳開発プログラムから発展していきます。そして、何よりも大切なことは、“楽しく一日を過ごすこと”です!

幼稚園部
キンダークラスは探究心旺盛で思いやりがあり、向学心旺盛な子供達がたくさんいます。キンダーの先生達は子供達が持っている能力をさらに向上させたり、小学部に向けての新しい知識を身に付けるために、たくさんのトピックを学んだり、活動をしています。新校舎が本校舎の後ろに増設され、明るく広々とした部屋を備えており、好奇心旺盛な子供達には最高の環境となっています。異なる母音や混ざった音に焦点をあて、難しい言葉を読むことができるようになるため、アルファベットやフォニックス復習をします。また、‘ワードビルダー'を毎週使い、単語のつづり、例えば、 1 から 10 の数字や曜日のつづり方を学びます。これらのスキルを強化することで、アルファベットの読み書きの練習へとつながります。

BOI カードは継続的に行い、単元学習のテーマに沿ったもの:交通手段、太陽系、私たちが訪れた場所、食べ物、本、ハロウィーン、冬、クリスマス、雲の種類、大陸、歴代アメリカ大統領などや、子供達が関心を持つきっかけとなるものなどを使用しています。子供達は、 BOI カードが大好きで、たくさんの役立つ情報を覚えることができます。これらが、コミュニケーション能力の向上や語彙強化につながることは言うまでもないでしょう。また、キンダーのカリキュラムは各担当の先生たちと行う日本語、体操、音楽によってより良いものとなっています。

関西インターナショナルスクールでの体験を述べるのに、最適な 5 つの言葉は、‘わくわくする'‘変化に富んでいる'‘感動させる'‘出来事の多い'‘教育的'です。全ての生徒が個々のペースで成長し、読み書きやコミュニケーションとともに、個性の面でも著しい進歩を見せてくれます。

 

 

FAQ

関西インターナショナルスクール

Q.プリスクールに通うと日本語力が落ちない?
ご家庭でのサポートは必要不可欠です。まずご家庭ではご家庭で話される言語をしっかりし、周囲のものが意識して正しい日本語を教えていくこと、たくさんの本を読むこと、また通われるプリスクールにおいても日本語のレッスンを設けていれば尚よいでしょう。一言語以上を学習する子ども達の成果は、一定の年齢に達するまではっきりと目に見えてこないこともありますが、最終的には学習面でも母語、第二言語ともにモノリンガルの子どもたちよりも発達するといわれています。子どもたちの気質にもよりますが、周囲の者の意識の持ち方と取り組み次第で日本語力は無限大に伸ばすことができます。

Q.インターナショナルスクールってどんなところ?
一般的には海外国籍を持つ日本に在住する子どもたちが通う学校ですが、近年、いろいろなタイプのインターナショナルスクールが存在しています。共通していることは、レッスンが英語で行われており、異文化を同時に学ぶことができるところでしょう。言語を習うという意識が無く、自然に言語力をつけることができます。日本でもグローバル社会で活躍するためにも英語を幼いうちから学ばせようとする方も多くなり、日本人の間でも需要が高まっています。また、以前は日本国籍の子どもを受け入れるインターナショナルスクールが少なかったのですが、経営方針を変えるところなどもあり日本人にも身近な存在になりました。当インターナショナルスクールでは日本国籍を持つ子どもたちに母国語と英語で学ぶ、また日本国籍以外の子どもたちにも日本文化を吸収してもらえるバイリンガル教育を提供しています。

Q.インターナショナルスクールに入れる際の心構えは?
お子さんにあった環境を見つけてあげましょう。継続することが大切であり、長いスパンで考えることが必要です。学校選びの際にはきちんとしたカリキュラムが組まれているかなど、良く調べられるといいでしょう。インターナショナルスクールを選択される際、何を主に求めているかを(例えば英語力なのか、文化体験か、学習レベルか)明確にしておくと、いろいろな学校の特色を見極め、目的にあった学校を選ぶことができます。それには、保護者の方が自己の価値観をしっかりと持っていること、異文化を尊重できることや状況に応じて主張ができることなどが必要です。保護者の方がお子さんのお手本となれるよう一緒に学習されることも必要でしょう。しっかりと自己のアイデンティティを教えていくことも大切です。

Q.親が全く英語を話さないのですが、それでも大丈夫ですか?
当校の生徒さんの保護者の方のほとんどが英語を話されませんので、ご心配には及びません。逆に言うと、そのようなご家庭の為の学校とも言うことができます。幼稚園年少クラス (場合により年中) までは担任は外国人と日本人ですので学校での様子などは気軽に尋ねていただけます。小学校くらいになるとお子様が通訳として間に立ってくれますよ。

Q.通園バスはありますか?
今のところご用意できておりません。ほとんどの方が、お車で送迎をされていますので、必要性を感じていないというのが現状です。駐車場は各校ともに15台ほどございます。

Q.共働きなのですが、何時まで預かってもらえますか?
全てのクラスにロングコースを設けておりますので、通常で8時から18時までお預かりいたします。その他時間外保育として、7時半から19時までお預かりすることが可能ですので、個別にご相談いただければと思います。

Q.給食はありますか?内容はどんな感じですか?
全てのクラスの方に、学校給食かお弁当持参かを選んでいただけます。
給食は無添加の手作りのお弁当をご用意いたします。現在は大変好評を頂いていて、ほとんどの生徒さんが学校の給食を選んでおられます。

Q.インターナショナルスクールに通うと日本語のほうが少し心配なのですが、大丈夫でしょうか?
関西インターナショナルスクールではバイリンガル教育機関として英語と日本語の両方をきちんと身につけるために系統だった教育をしております。母国語の基礎がしっかりしていることが、第二言語を習得する大前提です。したがって、幼稚園部から日本語のレッスンをいたします。幼稚園教諭と小学校教諭の免許と経験を持つものが責任を持って担当しております。

Q.園庭はありますか?
東大阪校は620坪、芦屋校は630坪のキャンパスの中の約半分が園庭です。お外遊びの時間が毎日ございますので、お子様には太陽の下で元気いっぱいに走り回っていただけます。

Q.最近物騒な事件が多いですが、セキュリティーはどうなっていますか?
両校ともにSECOMによるセキュリティーシステムを導入しております。門外や園庭の様子はカメラモニターを通してオフィスで監視しておりますし録画もしてあります。オフィスにはSECOM本部とオンラインで映像と音声が通信できる機器を設置してありますので、ボタンひとつで、SECOMや警察に応援を要請できます。

Q.まだ、おむつをしているのですがトイレトレーニングはしていただけるのしょうか?
もちろん致します。学校では1時間か1時間半ごとに声を掛けてトイレに誘います。ご家庭の状況も教えていただいて、連携してすすめていきます。お友達がトイレに行くのに興味を持って楽しみながらおむつを卒業できますよ。

Q.1歳3ヶ月なのでご飯を自分で食べられないのですが、大丈夫でしょうか?
保育士がお手伝いしますのでご心配にはおよびません。ただ、なるべく自分で食べてもらえるように応援しながら、自立を促します。ほとんどのお子様が1歳半くらいには自分で食べるようになりますよ。

Q.小学校から入学希望の場合はどうすればよいでしょうか?
まずは、ご相談をお受けいたしますので、直接お電話にてお問い合わせください。

 

 
東大阪校

地図
 
芦屋校

地図

▲このページの先頭へ