KAISインターナショナルスクール >> インターナショナルスクール全国一覧

 

 

KAISインターナショナルスクール

【KAISインターナショナルスクール】

東京都品川区上大崎2-7-16
TEL&FAX: 03-5421-0127
E-mail: info@kaischool.com
HP: オフィシャルサイトはこちら

おすすめ記事を書く

コース

中・高

認定

WASC

 

学校案内

KAISインターナショナルスクール

【KAISの教育】
KAISは、海外子女、二文化並存環境の生徒、帰国子女のために作られた、東京のインターナショナルスクール(中学・高校)です。
KAISは、基本的には帰国子女、二文化併存環境の学生、また英語のネイティブスピーカーの学生のための学校です。いかなるレベルでも、向上心を持って努力する生徒は歓迎します。
また、優れた英語力を持ち、海外への進学を希望する日本人の学生も受け入れます。英語に自信のない学生はサポートプログラムを受けられます。

KAISが提供するプログラムは、単なる学科学習にとどまらず、学生たちの将来につながる知性や創造力、努力する姿勢を培うことができるものであると考えています。
KAISの姉妹校である帰国子女アカデミーは、レベルの高い英語力開発教育を提供し、東京のインターナショナルコミュニティのなかで高い評価を受けています。そんな私たちが、検討に検討を重ねて作ったのが、KAISのカリキュラムです。KAISは、生徒たちが高いスキルを身につけ、充実した学生生活を送れるよう、全力でサポートいたします。

KAIS・インターナショナルスクールは、海外の大学への進学を志望する学生のために、多様で集中的なカリキュラムを提供します。提携校であるLaurel Springs School in Californiaを通じて認可を受け、KAISの卒業生は、カリフォルニア州の高校(中学)卒業資格を取得することができます。この学位を得ることで、世界中の大学への進学の可能性が広がります。KAISでは、さらに海外の大学進学を考える生徒のために以下のような特別のカリキュラムを用意しています。
SAT、TOEFL、STEP TEST対策クラス、レベル別ライティング・プログラム、大学入試のエッセーテスト対策ワークショップなど。

そのほか、KAISのアートの授業では、映画やビデオ、詩作や写真、音楽などから生徒自身がテーマを設定し、教師陣のサポートを受けながら、自分なりの課題に取り組みます。
KAISでは、受けたい授業を自分で選択し、自分のレベルとペースにあわせて学習に取り組むことができます。大規模校と違い、個人のレベルに合わせたていねいな指導が行われます。そのため、どの生徒も落ちこぼれたり取り残されることはありません。KAISでは従来の講義形式の授業と、個人でのラボベースの授業を組み合わせ、生徒それぞれのペースにあわせて課程を修了できます。
努力次第では、集中的に単位を取り最短2年で高校を卒業することも可能です。また、ゆっくり時間をかけて、最長6年まで在学することもできます。

全プログラムを通して、ていねいな指導と最新の設備が大学進学の夢を応援します。
また、それと同時にKAISでは、単なる学科学習にとどまらず、学生たちの将来につながる知性や創造力、努力する姿勢を培いたいと考えています。私たちはアカデミックな理想をつねに高く持っており、私たちと関わる生徒たちにもその姿勢を伝えていきたいと思います。
KAISは、子供たちが、国際社会に自信を持って羽ばたけるよう、全力でサポートします。

【本校の使命】
KAISインターナショナルスクールは、個人を尊重し、学生中心の理想的な学習環境とコミュニティを提供することにつとめます。
私たちは、学生が日々、学力、健全な身体、社会的能力・創造力を培うことができるよう導きます。これらのことは、学力の伸長と同時に、人間的な成長にも役立つと信じるからです。
KAISでは、学生自身が自分の学習ペースをコントロールできる環境とカリキュラムとを提供します。学生は、自分で授業を選択し、自身のペースにあわせて学習を進め、講師の指導とサポートを受けつつ課程修了までの期間を自己責任において管理します。

【プログラム】
KAISの一日は、Oral Journalから始まります。Oral Journalとは、全生徒参加のセミナーで、多様なメディアを活用して様々なコミュニケーションの手段を探る試みです。学生は、口頭でのプレゼンテーション、ディベート、スピーチ、朗読などのスキルを学び、テクノロジーを効・的にコミュニケーションやスピーキングに取り入れる術を学びます。このユニークな試みを・じて、学生は、友情をはぐぐみ、社交術を身につけ、コミュニケーションに必要なスキルを高めていきます。さらに、KAISに在学する生徒はみな、英語の集中講座を受講します。この講座は、ライティングがメインの小規模クラスで、ボキャブラリー・ワークショップとライティング演習が毎日交互に行われます。この英語講座は大変優れた内容で、単に授業に必要な英語力のみならず、総合的な英語力のアップが期待できます。

KAISでは、大きな二つのメイン・プログラムを用意しています。この二つのプログラムのほかに、個人のニーズに沿って、特・プログラムを加えていきます。どちらのプログラムも、SAT(高校)、PSAT(中学)、STEP(英検)、TOEFLなどの試験対策、大学入試エッセー対策などを盛り込み、高校卒業後の進路に必要なスキルが身に付くように設計されています。

【KAIコア・プログラム】
KAISのコア・プログラムは、アメリカの学・取得ができる正式な中学・高校のプログラムです。入学時の学力にかかわらず、どの生徒も参加できます。学年相応の英語力を持たない生徒や、学習に困難のある生徒でも、学びたいという意欲があれば、KAISは卒業まで全力でのサポートを惜しみません。 KAISへの入学と同時に、生徒と保護者は担当教師と話し合い、中学・高校における卒業までの期間や目標を設定し、学習のゴールを定めたLearning Contract(学習計画書)を提出します。コアプログラムの生徒は、アメリカにおける中学もしくは高校の全単・を履修し、同時にKAISのオリジナルのレベル・パーソナル英語強化カリキュラムも受講します。これらの英語クラスには、ラボベースの個人指導と、毎日交互に行われるボキャブラリー・ワークショップまたはライティング・セミナーの二種類があります。本校を卒業する学生は、確かな文章力と会話術を持ち、国際社会で尊敬される人材となってほしいと考えています。KAISのプログラムを・して、生徒は学業の・でも精神・でも、充実した大学生活を送る準備を整えることができます。

 

 

入学案内

【入学資格】
KAISは、中学・高校に相当する年齢のインターナショナルな生徒すべてを受け入れます。バックグラウンドは問いません。英語での日常的な会話能力があることが入学の前提条件です。KAISは、様々な能力や学習のニーズを抱えた学生を広く受け入れます。人種、宗教、信条、国籍は問いません。入学審査は、面接と、直前に在籍または卒業した学校の成績証明書に基づいて行われます。必要と判断された場合は、プレースメントテストも行います。
KAISは、学費においても、教育内容においても、国内でもっとも良心的なインターナショナルスクールであると自負しています。

KAISの年間スケジュールは、基本的にはアメリカの標準的な学校スケジュールに合わせて設定されていますが、日本の学校スケジュールに合わせた4月始まりのプログラムも用意しています。学生は、年間を通していつでもKAISに入学することができ、学年の途中からでも授業に参加し始めることができます。

コア・プログラム: 英語力もしくは学力が低い学生でも、学びたいという意欲と向上心があれば歓迎します。英語力に問題がある場合は、サポートプログラムを受けられます。学年相応の英語力がない場合でも、課程修了と卒業に向けて努力と時間をかける用意があるならば、入学を許可します。英語力や学力に遅れがある場合は、通常よりも課程修了に時間がかかるかもしれません。しかし、KAISでは、どの学生も取り残されることなく、適切な指導とサポートを受けながら、個々のペースに合わせて学習を進めていくことができます。

SKAIプログラム: このSKAIプログラム(Stanford-Kikokushijo Academy International Program)を受講するためには、まず、生徒はKAISに入学し、その後、スタンフォード大学Education Program for Gifted Youthに願書を提出することになります。KAISでは、受講を希望する生徒にスタンフォード大学への応募書類の書き方を指導し、提出に際してのサポートをします。ただし、このプログラムへの参加は、とても競争率が高く、容易ではないことをご理解いただきたいと思います。

お問い合わせや、見学のご予約はメール(contact@kaischool.com)または電話・FAXにて、事務局までお願いいたします。

【募集要項・入学金】
ホームページにてご確認下さい。
募集要項はこちら

 

 

地図

▲このページの先頭へ